介護保険利用の流れ

介護保険サービスを利用するには、「介護や支援が必要な状態である」と認定を受けなければなりません。そのため、病院にいけばすぐ利用できる医療保険とは異なり、まずは、要介護認定の申請をします。

なお、要介護認定に関する費用はかかりません。

申請

本人や家族などが地区保健福祉センター・支所・出張所等の窓口で要介護認定の申請をします。申請場所まで行けない方や、事前に説明を受けたい方などは地域包括支援センターまでご連絡ください。

なお、マイナンバーの記載を求める欄がありますが、申請の際に市の職員が調べて記入することに同意があれば、未記入でも構いません。


訪問調査

市職員や業務委託を受けた介護支援専門員が訪問して、本人の心身の状態を調べます。


審査・判定

介護度を介護認定審査会で審査・判定します。介護認定審査会は、保健・医療・福祉の専門家で構成され、前述の訪問調査の結果や、市が主治医から取り寄せた意見書をもとに審査します。


認定

介護認定審査会での判定結果に基づいて市が認定し、申請した日から30日以内に本人に通知します。


居宅サービス計画(ケアプラン)・介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)を作成

要介護1〜5と認定されたら、どのようなサービスを利用したらいいか、指定居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネジャー)にケアプラン作成を依頼します。

市内居宅介護支援事業所(リンク先の「居宅介護支援事業所」参照)
 

なお、施設への入所を希望する場合は、その施設で施設サービス計画を作成しますので、施設へ直接申し込みます。

要支援1〜2と必要と認定されたら、どのようなサービスを利用したらいいか、お近くの地域包括支援センターまでご連絡ください。

また、介護予防ケアプランは委託を受けた居宅介護支援事業所の介護支援専門員(ケアマネジャー)に作成してもらうこともできます。


サービス利用開始

作成されたケアプランに基づいてサービスが提供されます。

介護保険サービスを利用したときには、原則として、かかった費用の1割を利用者が負担します(所得状況により、2割負担となる場合もあります)。

Designed by CSS.Design Sample