地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で自分らしい生活を送ることができるよう、総合的に支援するための中核機関として平成18年4月より市町村など各自治体が設置し、保健・福祉・医療に関する専門のスタッフ(保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等)が各種の相談に応じ必要な支援を行うものです。

いわき市では、より専門性を高め、地域の様々な課題に対応できるよう、地域包括支援センターの運営を平成19年4月から「特定非営利活動法人地域福祉ネットワークいわき」へ委託しました。私たちは、その公正・中立な専門機関としての利点を生かし、よりいっそう地域の高齢者福祉の充実を目指していきます。

地域包括支援センターの業務

1 介護予防のマネジメント

軽度の認定者(介護保険における要支援認定者)や介護保険の対象になるおそれのある方(二次予防事業対象者)を対象に、介護が必要にならないように介護予防支援計画を作成するなどの支援を行います。

2 高齢者やその家族に対する総合的な相談・支援

相談の内容に応じて、介護保険だけでなく様々な制度や地域資源等に関しての情報を提供したり、高齢者の心身の状況や生活実態の把握を通じて専門的な相談対応を行います。

3 介護支援専門員(ケアマネジャー)支援

要介護高齢者を担当するケアマネジャーが抱える困難事例に関して助言を行うなどの支援を通じて、要介護高齢者やその家族の生活の質の向上を図ります。

4 高齢者の権利擁護、虐待の早期発見・防止

高齢者の人権や財産を守るために必要な援助や虐待の早期発見・防止に努め、地域の中で安心して生活できるよう迅速・適切な対応を行います。

Designed by CSS.Design Sample